MENU

ネット回線が高い!原因を探りましょう

 

「うーん、どうして毎月ネット代が高いのだろう?」

 

とお悩みのあなたへ!

 

原因と対策を徹底いたします!

 

以下、想定される原因&対処法です。

 

原因@:オプション地獄

 

例えば、家電量販店で余計なオプションをたくさんつけられて、解除せずにずっと継続していませんか?

 

対処法:オプション解除

 

フレッツ光やauひかりなど契約中であれば、明細を確認しましょう。

 

分からなければ、直接電話をしてオプションについて質問し、不要なものを削除しましょう。

 

原因A:スマホとセット割になっていない

 

  • ドコモ光:ドコモのパケ代が割引き
  • auひかり:auのパケ代が割引き
  • ソフトバンク光・NURO光:ソフトバンクのパケ代が割引き

 

とネット回線と一緒に申し込みをすると、割引が適用されます。

 

※家族含め最大10台まで割引

 

対処法:回線を切り替える

 

あなたや家族の持つスマートフォンのキャリアにあった回線に切り替えましょう

 

以下、おすすめランキングです。

 

 

auひかり

 

  • マンション:35,000円のキャッシュバック<
  • 戸建:65,000円のキャッシュバック<
  • 他社→auの違約金負担あり
  • auユーザーは1台最大2000円パケット引き

 

【戸建の月額】5,200円
【集合住宅の月額】3,800円〜

 

光回線の中で、最もキャッシュバックがオトク!です。

 

特に〇は開通後最短2か月で受け取れる&オプション不要のため、かなりオトクです。

 

また、フレッツ光など他社からauひかりへの切り替え時の違約金負担も可能。

 

スマホやガラケーがauなら、セット割りでパケット料金が安くなります。

 

NURO光(※公式サイト)

 

  • 戸建:30,000円のキャッシュバック
  • 関東、一都六県限定

 

【戸建の月額】4,743円

 

関東限定の光回線で、月額料金は戸建て最安です。

 

また、ソフトバンクスマホとセット割りで、最大1台2000円引きに。

 

ソフトバンク光

 

【キャッシュバック】

  • マンション:24,000円
  • 戸建:24,000円

 

全国対応&戸建て・マンション問わないソフトバンク光。

 

現在、工事費用も実質無料&他社への乗り換え満額負担キャンペーン中!

 

 

ネット回線Q&A

 

ネット回線を解説する人

 

光電話!メリット&デメリットは?

 

近年では従来の電話回線ではなく、光回線を利用したインターネットが主流になってきており、固定電話についてもその光回線を用いる光電話へと切り替える家庭が増えています。その理由はいくつかのメリットがあることです。
光電話のメリットとして特に大きいのが、従来の電話回線を利用する場合と比較すると基本料金が大幅に安くなるという点です。ネット回線を提供する会社によって多少の差はあるものの、およそ三分の一程度になります。また通話料も安く設定されており、県外にかけても料金が高くなるということがありません。毎月そういった料金の差が積み重なると、長いスパンで見ればかなりの出費を減らせることになるでしょう。また光回線は大容量のデータを高速で送受信することができるため、通話の際の音質が向上するというメリットもあります。
それらに対して光電話のデメリットとなるのは、停電時には利用できなくなってしまうという点です。従来の電話であれば、家の電気が止まってしまった場合でも、NTTの基地局が健在なら通話が可能です。しかし光電話はネット回線をつなぐ機器に電気が必要なので、災害などの緊急時に電話をかけたくても、停電してしまっていると使用不可能となってしまいます。
このように光電話にはメリットとデメリットの両方があるので、導入するかどうかを決める際には、それらをしっかりと検討することが肝心です。

 

 

フレッツ光と光コラボレーションモデル※どっちがお得なの?

 

インターネットをする時に活用できるサービスとしてフレッツ光と光コラボレーションモデルが用意されています。素人はどっちがよいのかいまいちわからない人もいるでしょう。フレッツ光はNTTが提供するサービスで回線はNTTと契約を行いプロバイダが中間に入る内容となっています。利用料金はNTTかプロバイダのどちらかに支払う必要があるサービスです。
プロバイダの自由な変更が可能で割引により安く利用できる、利用料金に応じてポイントを貰えるといったお得感があります。速度も非常にあるので快適なインターネットライフを楽しめるのが強みです。光コラボレーションモデルは光回線の卸売サービスで光コラボレーション事業者を利用します。サービス料金は業者により異なっていて安いものだと5000円以下や4000円以下で利用できるものもあるのでお得です。
またNTTの回線を使用しているので高速通信をする事ができるメリットも注目といえます。現在フレッツ光を利用中の方もそのまま光コラボレーションモデルに移行することができ、手数料は一切必要ないです。対応力に関しては大手に劣る部分があるので、料金を重視している人におすすめとなっています。
サービス重視ならフレッツ光を、コスト重視なら光コラボレーションモデルが良いです。

 

 

 

人気の光回線特集!

 

ソフトバンク光の特徴

 

NTTのフレッツ光から回線を借りサービスを提供する事をコラボ光と呼びますが、ソフトバンク光はその中の一つです。

 

その特徴は速度は速く、かつソフトバンクやYmobileの携帯電話を使っていると大幅な値引きが適用される点とソフトバンクに関係する付随サービスが安価で受けられる点です。

 

他社のフレッツ光と同等の速度で最大1Gbpsでありながら、ソフトバンク携帯電話のデータ10GB以上で最初の2年間毎月2,000割引になります。

 

3年目以降は5GB以上で1,008円割引と減額されるものの同業他社では割引なしになる所もありますので良心的と言えます。

 

Ymobileの場合は1回線あたり500円割引で3年目以降も継続されます。3回線までは500円ずつ割引金額が増えていきますが、4回線になると何と月5,200円も割引になるので家族でY!mobileにすれば非常にお得感が増します。

 

そして契約時の特典も大きく他社からの乗り換えの際にも違約金と工事費が全額還元され、
新規申し込みでは12,000円キャッシュバックされますのでトータルで見れば初期費用はほとんど発生しません。

 

更にプロバイダをYahooBBにすれば、YahooショッピングのTポイント上乗せやその他にも様々なYahooのオプションサービスが使える点が魅力的です。

 

auひかりの特徴を解説!

 

KDDIが提供をしている通信サービスにはauひかりがあります。

 

これは東京電力が提供をしていたTEPCOひかりと統合して出来たサービスです。当初はひかりoneとして商売をしていましたが、その後auひかりに解明をしました。

 

利用をするメリットはNTTの電話番号をそのまま使う事ができるところにあるでしょう。その場合NTTの電話の加入者回線は休止状態にされます。

 

 

もう一度NTTの回線を使いたいときは再度戻すことで利用可能です。他にも光回線を提供している業者は多いですがau光の特徴としてエリアが広いことが挙げられます。

 

使えるエリアはほぼ全国規模になっているのが特徴です。関西地方と中部地方は戸建てタイプの提供はありません。
プロバイダが選択できるメリットもあるので便利です。

 

現在auのスマートフォンや携帯電話を持っている人は割引制度が適用されるのでお得といえるでしょう。

 

基本料金が安くなるのでコスト削減にも使えます。またインターネット回線とスマートフォンの利用料金をまとめて支払う事ができる部分も魅力的です。

 

加入を検討している人にうってつけのサービスとして最大82000円割引してくれるキャンペーンもあります。